ガイアとともに5次元へいこう!!

妄想癖の激しいオバちゃんのスピリチュアル探求エッセイ

”あなたの価値観が「正しい」と言うのはあなただけ”

昨日は午後から体調が悪くなり、夕方には頭痛がしだした。「これも、惑星のコンジャンクションのせいかな~」なんてのんきに構えていたんだけど、そのうち気持ち悪くなってきて頭痛もひどくなってきた。仕方なく、だいぶ前に医者で処方してもらった、頭痛の際に服用する漢方薬を飲んでみた。・・・・効かない。なんだか今回の頭痛はいつもと違う。味わったことのないような?痛みで、いつもは寝ると楽になる頭痛が多いのだが、寝ても覚めても痛い。信念でもって痛みを消そうと試みたけれど、まだ肉体的痛みを消すほどの強力な信念が私にはなく、失敗に終わった。辛い・・・。どうしよう、最後の手段は、私が忌み嫌っている市販薬を飲むことだけである。

たびたびブログ上でも書いているけれど、私は虚弱体質で喘息・鼻炎もち、偏頭痛もいつのころからかたびたび起きるようになっていた。バ〇ァリンが欠かせなくて、痛みがひどくなる前に飲む!が常だった。でも、20年くらい前から、いくら医者に通ってもアレルギー症状が治らないことから西洋医学に疑問を抱き始め、民間療法・自然療法・ホメオパシーを独自に勉強し、レメディや薬草で症状を緩和させたり、東洋医学系の病院で漢方治療を受けたり、とにかくできるだけ西洋医学からは遠ざかり、市販の風邪薬や頭痛薬にも極力手を出すまい!薬は毒じゃ!と心に誓っていた。でも通勤していたころは頭痛があまりにひどいと仕事にならないため、仕方なくイ〇クイックを携帯していた。

 

そんなこんなで、もういつ購入したのか忘れるくらい古い頭痛薬に手を出すか、私は迷った。

最近は、コロナのこともあって、製薬会社の闇についてSNSで取り上げられることも多く、私のなかで「製薬会社=悪」の図式がすっかり定着していたので、ここで市販の頭痛薬に手を出すことは闇に屈服するかのような気がした。う~ん・・・でももうこの痛みに我慢できない!!と自分のポリシーをかなぐり捨てて私は頭痛薬を飲んだ。

 

1時間後・・・気持ち悪さと頭の痛みはほぼ消えていた。これで眠りにつくことができる・・・安堵の気持ちと一緒に、私は製薬会社に対するすまなさでいっぱいになった。

 

あなたがたはすぐに批判しようとし、自分が選ばなかったものを祝福しないで、ものごとを「間違っている」とか「悪い」とか「充分ではない」と決めつけたがる。

非難するよりも、もっといけないことがある。自分が選ばなかったものを傷つけようとするのだ。破壊しようとする。自分が賛成できない人間や場所やものごとがあれば、攻撃する。あなたがたの宗教と対立する宗教があれば、間違っていると言う。自分と違う思想があれば、ばかにする。自分と違う考え方があれば、拒否する。だが、それは間違っている。それでは宇宙の半分しか創造できない。そして、残る半分を拒否していたら、自分の側の半分さえ理解できない。(サンマーク出版:「神との対話①」より)

 

さかんに、企業、国家、政党、芸能人、有名人等々を、ディープステート側か、そうでないか、ジャッジするようなネット情報が出回っています。それによって、私たちは「あの企業は闇側だ、あの芸能人はアドレノクロムの常習者だ」などと決めつけ、非難を浴びせてしまいがちです。私は過激なSNS上での発言こそはしていませんが、言わなくても心のなかで思えば同じこと。

私は2錠の市販頭痛薬のおかげで、つらい痛みから解放されました。もちろん、できるだけ病は自分で治す、というスタンスは変わりないですが、製薬会社にも、世のため人のために役に立ちたいと高い志をもって頑張っている社員もいるでしょう。西洋医学のお医者さんにも、患者さんの苦しみを楽にしてあげたいという一心で、寝食の時間も惜しんで勤務している方もいるでしょう。わかってはいるつもりだったけど、十把一絡げに見てしまっていました。

マスコミについても同様です。ここ最近、大手テレビ局や新聞社に対し、悪の権化のような気持ちをもってしまっていました。自分がメディアの報道が信じられないからと言って観ることをやめるのは全く問題がないけれど、「N〇Kは最近ひどい!」などと言って、テレビ画面に映ったキャスターに対してまで、嫌悪感をもつことはどうなんでしょう。ただ単に、「市販薬は、テレビは、病院は、私にとって有益ではないと思うから、もう利用しません」でいいのに、自分が選ばなかったものを批判してしまう。昔は何度となく病院にもかかったし、市販薬も飲んだし、テレビドラマやドキュメンタリーに感動して涙を流したこともあるのに。

 

「自分が選ばなかったものを祝福する」のは難しいことだけれど、やっぱり、自分はどういう人間かを創造するにあたり、たくさんの選択肢の一つとして存在してくれているものに対し、悪意を持つのではく、すべてに感謝の念をもつ、ということを思い出させてくれた「突然の頭痛」でした。もちろん、痛みがなくなってから、頭痛にも感謝しましたよ!(ゲンキンなやっちゃ!)

 

あなたの価値観が「正しい」と言うのはいったい誰だろう?あなただけだ。あなたの価値観は、あなたが「正しい」と言うから正しい。それでも、あなたが自分の言葉を守れば、多少は筋が通るかもしれないがあなた自身、何が「正しい」か、何が「間違っている」か、考え方をしじゅう変えている。(中略)自分のためになるのなら、信念にこだわりなさい。信念をもちつづけなさい。迷わなくていい。何が「正しく」、何が「間違っている」と考えるか、それによって自分が決まるのだから。しかし、ひとにあなたの考え方を押しつけてはいけない。それに、現在の信念や習慣に「しがみつき」、進歩のプロセスをはばんでもいけない。(「神との対話②」より)

 

今日はここまで、お読みくださりありがとうございました。

全てに感謝照れドキドキ←とか毎回言ってるくせに、まだまだ、です、精進しますあせる